【神事・伝統行事】富根愛宕神社例大祭

富根愛宕神社例大祭(とみねあたごじんじゃれいたいさい)

愛宕神社は、昔、少数部落が多かった富根地区の一帯が、相寄り集まって守護する鎮守の神として創立された神社です。
7月23日は宵宮で、18時30分から愛宕神社拝殿にて富根報徳番楽の舞が奉納されます。
7月24日午前9時、御輿とともに、猿田彦、幟など総勢70名~80名の大行列が神社の前を出発し、町内を回って昼に神社に帰ってきます。
神社境内では富根報徳番楽、羽立大神楽、駒形獅子踊り、下部通り音頭が繰り広げられます。

7月23日
18時30分~愛宕神社拝殿で奉納番楽

7月24日
9時~愛宕神社境内から地区内へ行列
昼過ぎに神社へ戻り、各団体の演舞を披露し
最後に神輿が盛り上げる。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました